トップリーディング(TOP LEADING)の情報を集めました

トップリーディング(TOP LEADING)
  • トップリーディング(TOP LEADING)
  • http://www.top-l.net/
  • 株式会社トップリーディング
  • 東京都港区虎ノ門4-3-1城山トラストタワー27F
  • info@top-l.net

的中の説明

トップリーディング(TOP LEADING)の信念
情報の精度を磨き限界を”無限の希望”に変える。ということ信念にトップリーディング(TOP LEADING)は動いています。
社員にも言い聞かせているのが、

・何事も人々からして欲しいと望む事を、人々にもその通りにすること
・それぞれが、自分の限界に挑戦できる場所を自分で作ること
・一人のお客様に誠実を尽し、精進すること

当たり前のようなことですが、人は基礎が無ければ発展しません。
トップリーディング(TOP LEADING)は競馬というものは、FXや株に比べ非常に効率よく利益を上げていけると考えています。
なぜなら、今まで積み上げた知識と人脈がトップリーディング(TOP LEADING)にはそろっているからです。
関係者しか知りえない情報や馬主ですら知ることのできない情報を集積することがトップリーディング(TOP LEADING)の集大成です。

的中の特徴

その1

トップリーディングとは?
このコンテンツでは、トップリーディングを形成する上での【競馬界の裏側】【メディアの実態】【オッズに秘められた真実】【リアルタイム情報が的中へのカギ】など重要な理由が掲載されています。
これを見る限り、トップリーディングは、オッズの傾向や、リアルタイム情報に重視しているのが、分かります。
現場での情報収集や当日のオッズの変動などに力をいえれているのではないでしょうか?

その2

圧倒的な的中率・回収率
トップリーディング(TOP LEADING)が収集する膨大な情報に外せないのがトップリーディングデータベースシステム(通称:TLDS)
この膨大なデータを管理するシステムこそトップリーディング(TOP LEADING)の最大の強み。
その3

3人の情報顧問
トップリーディング(TOP LEADING)には3人の情報顧問がいます。
一人は、トレセン情報管理顧問を務める武内昭雄氏。
もう一人は、データ解析顧問を務める南秀一氏。
そして、情報統括最高責任者の永嶋正一郎氏である。
元は、みなさん競馬関係者というわけではありませんが、その道のプロ達が集結したようです。
最低でも20年以上は競馬界と関わっている方々ばかりで情報の精度はかなり信頼度が高いのではないでしょうか。

null
null
null
トップリーディング(TOP LEADING)公式サイトへ

■管理人の評価■
会員登録する前のサイト説明ページについて紹介しました。
次は管理人が実際に利用して、感じたことや気づいたことを掲載しています。

トップリーディング(TOP LEADING)の閲覧可能情報
トップリーディング(TOP LEADING)の的中実績

トップリーディング(TOP LEADING)を利用してみて最初に思ったのが、このサイトは会員登録をしなくても全ての無料情報が閲覧できるところに驚きました。
大抵のサイトは、無料情報を見る際も、会員登録(無料)を行う必要があります。
しかし、このサイトに関しては、まったくその手間も無く無料情報を提供してくれるのです。
閲覧可能な情報は全てで5つ。
今週のメイン情報と今週の本命馬、今週のメイチ情報、最新追い切り情報、TLDSの見解です。
有料キャンペーンなどの情報などは、電話対応かメール対応となっているようですね。

トップリーディング(TOP LEADING)の的中実績
トップリーディング(TOP LEADING)の的中実績

さらに注目したのが、的中実績です。
配当金自体は大して大きいのはないのですが、的中の数はかなり多いです。5月だけでもその的中数は、150を超えています。
細かい買い目などは閲覧できませんが、回収率に自信があるところをみると買い目もかなり絞り込んであるかと予想できます。

トップリーディング(TOP LEADING)先週の無料情報
トップリーディング(TOP LEADING)の的中実績

これは先週の土曜日の無料情報です。
選択されているクッカーニャは見事2着。見解どおり馬券に絡む働きを見せてくれました。
回収率自体は、一番人気だったためあまりありませんが、的中率に関しては見事的中しました。
無料情報では、確勝級の馬を提供してくれるのかもしれませんね。

実際に無料情報のみを利用してみましたが、非常に好印象なサイトでした。
たしかに情報統括顧問になっている人達は、正直素性は知れません。
競馬関係者でない分信頼性には欠けます。
しかし一般人よりも馬や、データに関わっていることは間違いありません。
今後もトップリーディング(TOP LEADING)を詳しく調べてみようと思います。